TOP 鉄道模型のサイトへ

外宮参道の植物


平成17年9月参道脇(勾玉池周辺を含む)の樹木、約80種について岡先生のお話を聞く機会を得ました。その時の資料、外宮々域図を参考に季節折々の花や実の写真を掲載しておりましたが、第62回式年遷宮(平成25年10月)記念せんぐう館(平成24年4月開館)が勾玉池周辺に設置され周辺の様子が変わりましたので少しづつ手直しを加えていきたいと思います。神宮々域林には1300近い種類の植物が有ると言われております。参道には神宮杉、杉、楠、檜、いちいがしなどの大木、そして榊、姫榊、青木、トベラなどが大半を占めておりますが、そんな中で御門樹の根元に一株の春欄が花(4月)を付け、蟻通しもまた誇らしげに花(5月中旬)を付けます。5月半にば参道のうす紫の散り花を見て栴檀を見あげることにもなります。びっくり仰天する時も・・大津神社の側にイノシシが現れた時は肝を潰しました。また5、6m先の木で赤い帽子のきつつきが忙しく動きます。御池ではかわせみを見掛ることもあり、こんな日は何かいい事がありそうでわくわくしながらのお参りとなります。2014.04.01


神馬「笑智号」牽参  2014.04.01
 外宮々域図0
50音別索引
表参道周辺
(表参道から神楽殿)
御正殿周辺
(御正殿から北御門)
多賀宮周辺
(亀石から多賀宮)
北御門口周辺(1)
(第1、2駐車場含む
(2) 勾玉池周辺(1)
(バス駐車場含む)
(2)
2014.04.01 2014.04.01 2014.04.01
2014.04.01
2014.04.01
04.01 2014.04.01 04.01

おおまかですが宮域を5ページに分けてリンクをつけております。





岡 與一先生 ・・ (元三重県文化財保護指導委員)平成19年度県民功労者賞受賞。(2007.06.30)
参考HP ・・・・・・    
参考書 ・・・・・・・ 「葉っぱでおぼえる樹木」監修濱野周泰、「シダ植物」村田威夫・谷城勝弘共著、
「伊勢神宮」矢野憲一、「三重の巨樹・古木」(社)三重県緑化推進協会

TOP 鉄道模型のサイトへ